"バレエ"の記事一覧

くるみ割り人形(ロシア国立モスクワクラシックバレエ団)

季節外れですが、どうしてもくるみ割り人形が見たかったので、はじめてモスクワクラシックバレエ団のくるみ割り人形を見てきました。 チケットはパルテールの一番前の列で2000ルーブルでした。チケットのお値段は、ボリショイよりはるかに安いです。(チケットのお値段は、300ルーブルから3000ルーブル)お手頃ですね! 場所はРусская…

続きを読むread more

ライモンダ(ボリショイ劇場)

11月と12月はバレエとオペラをたくさん見たな。 オペラは「スペードの女王」、「ラ・ボエーム」 バレエは「カルメン」「ペトルーシュカ」「ライモンダ」「椿姫」 振り返ってみると、寒さに負けずロシアの冬を存分で楽しんでいました! もっともっと芸術を楽しむための教養に教養をロシアでつけていきたいと思います。 学校では…

続きを読むread more

椿姫(ボリショイ)

11月27日にバレエ「椿姫」を見てきました。 主役マルグリットはスベトラーナ・ザハロワ、 相手役アルマンはデニス・ロヂキン いつもの組み合わせです。 なんせザハロワが出る公演なので、 値段がすごく高いのですが、 私は前もってチケットを買ってあるので問題ありませんでした。 本当に二人ともうっとりするよ…

続きを読むread more

今晩あつい「椿姫」 in ボリショイ

今晩ボリショイ旧館にて待ちに待った「椿姫」です。 私の大好きなバレエの演目のひとつであります。 この豪華キャスト見てください。 心臓がとまりそう! ザハロワ、ロヂキン、シュプリナ、ルスランという素晴らしいキャスト。 おそらくザハロワの旦那さんのレーピンとシュプリナの旦那さんマツエフが見に来ること…

続きを読むread more

ペトルーシュカ in ボリショイ劇場

11月26日19時からペトルーシュカを見てきました。 イーゴル・ストラビンスキーの三大バレエのひとつです。 「火の鳥」はグルジア国立バレエで見ました。 「ペトルーシュカ」はロシア民謡を題材にした35分の短い舞台です。 こののだめカンタービレでのだめが引いた曲がペトルーシュカです。 3分クッキングの曲に似ています…

続きを読むread more

ボリショイ劇場新館

モスクワのボリショイ劇場は2つあること知ってましたか? まず、メインが本館(Historical stage)こちらである演目は、お値段お高めです。中は迷路のようになっています。また、席によって入口が異なりますので要注意です。 今回は隣に隣接する新館(New stage)をご紹介します。こちらはこじんまりとしていて、私は好きです。入…

続きを読むread more

エチュード(ボリショイ劇場)

第2幕「エチュード」 私、バレエ歴が浅いもので、エチュードは初めてみました。 最初はバーレッスンみたいなことから始まり、なんともバレエ好きにはたまりません。 その後、技のオンパレード。 隣の席がバレエのロシア人先生だったらしく、 双眼鏡をもって生徒一人ひとりをチェックしていました。 うまくいくとブラボーと言っ…

続きを読むread more

カルメン (ボリショイ劇場)

9月29日(土曜)ずっと見たかったボリショイ劇場でのカルメン(Carmen)を見てきました。 席はパルテール席(一番前の席) もうドキドキがとまらない。 第一幕は「忘れられた土地」 第二幕は「エチュード」 第三幕は「カルメン」 計3時間でしたが、バレエ好きにはたまりませんでした。 50ルーブルでパン…

続きを読むread more

ラ・バヤデール

9月バレエ・オペラシーズン到来! 7月12日に友達に誘われてラ・バヤデールをダンチェンコ劇場で観てきました。 実はバヤを見るのは、初めてです。 バヤはバレエやってる人にめちゃくちゃ人気があります。 インドを舞台にしたバレエです。 戦士ソロルの婚約を祝う宴でニキヤは舞姫として悲しげに舞うシーンは涙なしには見られません。 …

続きを読むread more

スヴェトラーナ・ザハーロワが勇気をくれた!

2018年3月31日のスヴェトラーナ・ザハーロワの子供のためのダンスフェスティヴァル、 фестиваль детского танца светлана 2018に行きました。 こちらのチケットはザハーロワ本人から姉が頂きました。 なので、席は招待客用の前列(1列目)でした。 この3月31日の1週間前にロシ…

続きを読むread more

コッペリア(ボリショイ劇場)

ジョージアで働いて、そのあと、大好きなモスクワに帰ってきました! これから長期滞在のはじまりです。 長い冬があけて、ここ最近はとても暑い日が続いております。 皆様、1年ぶりですね! 元気にしていましたか⁉ これからちょこちょここのブログを更新していきますので宜しくお願い致します モスクワといえば、ボリショイ劇場で…

続きを読むread more

ジョージアが誇るニーナ・アナニアシヴィリ

ジョージア(グルジア)で有名なバレエダンサー、ニーナ・アナニアシヴィリ 彼女は今ジョージア国立バレエ団芸術監督として、ジョージアのバレエ界を盛り上げています。 現在54歳なのにこのプロポーション。現役で踊り続けています。 ジョージアのオペラ劇場にバレエを見に行くとだいたいニーナさんとそのご家族が休憩時間にいらっしゃって…

続きを読むread more