"モスクワ"の記事一覧

ロシア式パスハの祝い方

私たち日本人には、ベースが儒教や神道なので、パスハはイースターは馴染みがない方が多いですが、キリスト教信者にとってはとても重要な日です。 わたしはロシア人の友達にパスハおめでとう!と連絡をしました。 インスタグラムにはロシアのスターたちがパスハの写真を載せていて明るい気持ちにさせてくれます。 プルシェンコのインスタグラムより。…

続きを読むread more

ロシアのパスハ(復活祭)で必ず食べるもの。

今日はパスハ(大復活祭)の日。キリスト教の祝日で重要な日とされています。ロシアやジョージア、ウクライナなどは東方正教会に属するため、ヨーロッパのキリスト教と復活祭の日にちが異なります(約2週間遅れくらい)。 2019年3月5日にマースレニッツァとパスハについて簡単に記事にしてます マースレニッツァ(春を祝う祭り) マースレ…

続きを読むread more

ロシアのマンハッタン!モスクワシティ

ロシアのマンハッタンをご紹介。 マンハッタンはニューヨーク市にある島ですが、有名な金融ビジネス街ですよね。 モスクワには4から5年前に「モスクワシティ」と呼ばれる高層ビル街ができました。 モスクワシティにはオフィスやレストラン、高級マンション、ジム、複合施設などがあります。 センターから少しだけ離れたところに…

続きを読むread more

宇宙飛行士の日(地球は青かった!)

День Космонавтики 人類初の軌道飛行を記念して、ロシアで毎年4月12日に祝われる祝日である。 ユーリ・ガガーリン (ロシア) 1961年4月12日、ガガーリンは世界初の有人宇宙飛行に成功しました。 その時の名セリフはみなさんご存知の「地球は青かった!」 有人宇宙飛行から成功した7年後の196…

続きを読むread more

アメリカ・資本主義の欠点がコロナで明らかになっちゃった

コロナウィルスが世界中で猛威を振るっていますが、 米国の死者は2万人を超え、イタリアを上回り世界で最も多くなりました。 また米国の感染者数は50万人に達しました。 ロシアと米国を比較してみましょう。 ロシアは感染者数は増えているものの、死者数は明らかに少なく100人です。 米国の死者数20000人  ロシアの死…

続きを読むread more

ユーロビジョン2020ロシア代表

Little Big - Uno - Russia 🇷🇺 - Official Music Video - Eurovision 2020 2020年のユーロビジョン代表はサンクトペテルブルグ拠点に活動するLittle BigのUNOになりました。(しかし、ユーロビジョンが3日前にキャンセルになりました) ダ…

続きを読むread more

劇場の次はジムが閉鎖。もちろんバレエ教室も。

コロナウィルスの中、ジムに通う人はあまりいないと思うのですが、 それでも体を動かしたい衝動に駆られてる人はロシア人の中で少なくありません。 そんな方には残念ですが、昨日からジムが閉鎖になることとなりました。 私は最近バレエ教室行ってなかったけど、 バレエ教室も閉まったみたいです。   というわけで、家ではラジ…

続きを読むread more

はちみつ大国ロシア。蜂蜜食べて健康に!

ロシアは蜂蜜大国です。 はちみつ市で買ったアルタイ地方のかぼちゃのハチミツ。 蓋を開けるとハチミツがこんなにびっしり、そして粘りが強いです。 スタッフおすすめのアプリコット(右)とかぼちゃ(左) ちょっと話はそれますが、最近あった話。 日本に住んでる人にとって円の価値が下がる上がるとか気にして生きている人は少な…

続きを読むread more

はちみつ市(コローメンスコエ)

3月22日までコローメンスコエではちみつ市が開催されています。もうすぐで閉まると、10月くらいまで開催されないので皆さま、今週末はぜひ行ってみてください! 公共交通はちょっと不安という方は、タクシーでもセンターから20分くらいです。 自然豊かな広々とした公園と教会があり、混雑しないのがお勧め!軽く外で散歩するくらいは、免疫がついて…

続きを読むread more

ボリショイ劇場や学校が閉鎖に。

先週土曜日に見たかったバレエが見れたからよかったのですが、今日から4月10日までボリショイは閉鎖。この期間何にもチケット予約してなかったからよかった! 翌日、月曜に学校に行ったら学校も閉鎖で、オンライン授業になりました。どこの学校も閉鎖になりました。 まだ、コロナウィルス感染者ロシア国内で100人くらいなのにやっぱり独裁的な政治…

続きを読むread more

いきなり大雪降りました!

お昼は学校から歩いて帰宅。お天気も良かったのですが。 夜はバレエ見に行きました。 11時くらいに終わり外に出ると一面真っ白!吹雪いていて、大雪マークがスマホに現れていました。 ただ、雪がサラサラで夜中サラサラした雪の上を歩きながら楽しく帰りました。 やっぱりいい音楽とダンサーに感動をもらうと、心があったかくて、寒いのに寒く感じませ…

続きを読むread more

国際女性の日 3月8日

女性に感謝する日。国際婦人デーは毎年素敵な日にさせてくれる。 女性の日は8日の日曜日でしたが、金曜は学校に行っていたのですが、 花をもった男性の生徒や職員たちがいっぱい。 女子学生も先生も受け取った花を大事そうに持っていました。 平日にしっかり渡している姿にほっこりしました。 そんな中、わたしは夜行電車にゆられて、…

続きを読むread more

ブリヌイを食べて冬に終わりを告げよう!

春を迎える“マースレニッツァ” 。ロシアで春の訪れを祝う祭り“マースレニッツァ”が始まった。 キリストの受難節に入る前の一週間に行われるロシア正教の祭で、毎年2月~3月、今年は2月24日から3月1日まで祝われます。 学校のカフェテリアにて。授業の合間に台湾人の友達とブリヌイ(パンケーキ)を食べました。トッピングはコンデンスミルク。 …

続きを読むread more

最近よく作る料理。モスクワで何が作れる?

海外で作る料理。日本みたいに冷凍食品はないし、野菜も日本の種類がないし、お魚はあまりないし、何かと大変ですが、工夫すれば、美味しく作れます。 最近はローストビーフはよくつくります。日本はお肉は高いですが、ロシアはお肉お安い!もう何回も作っているのですが、ロシアのお肉は質も良いので、一度もお腹を壊したこともありません。もちろん、友達…

続きを読むread more

春の訪れ。でもまだ2月。

今日はお天気が良かった。もう春の予感。 ロシア人の子どもが走り回ってて可愛い。ロシアは四季を感じられる国だから、すごく楽しい。これがタイとか東南アジアだったら、毎日夏で生活リズムが狂いそう。 みんな天気が良いのでお昼時には、公園がたくさんの人。ロシア人はベンチでコーヒー片手にゆっくりおしゃべりしたり、冬の暗い顔から一気に笑顔が見える…

続きを読むread more

若手から学ぶことの楽しみ。少しイタリアの話。

ボリショイ劇場の若手のスターElemora Sevenard(ワガノワ出身) 体格はバレリーナの中ではがっしりしているのですが、 オーラがあり、顔がものすごく美人。 彼氏はザハロワお気に入りのプリンシパルのデニス・ロヂキン。 若手バイオリニストのコンサート 最近、自分も年をとったなと思うときがたくさんあ…

続きを読むread more

抹茶が大ブームのモスクワ

抹茶が大流行のモスクワ!抹茶ラテから抹茶を使ったケーキから料理まで! フクースビル(вкусило) というお店に”抹茶アイスとアーモンドアイス”が売っています。77ルーブル。これは結構前から食べていたのですが、ブログには書いたことなかったですね。 さすがに抹茶料理はあまり食欲をそそらないのですが、 ケーキ類は外れ…

続きを読むread more

中国人観光客がいなくなったモスクワ

お天気が良かった昨日は赤の広場へ。コロナウィルスの影響で中国人観光客や団体ツアーがいなくて、土曜日なのにびっくりするほど混んでません。 久々の青空に、春が近いことを感じました。2月下旬からマースレニッツァのフェスティバルが赤の広場で始まるため、お世話になったスケートリンクともお別れです。 今年は全然寒くなかったモスクワ。劇場いったり…

続きを読むread more

ボリショイ劇場の中がクリスマスムードに!

ボリショイ劇場の新館で年明けオペラを観に行きました。 もう素晴らしい舞台と美しい音色で年明けから本当にいい気分でした。 カクテルやシャンパンを楽しみながら。。 ボリショイ劇場の中もロシアのクリスマス1月7日に向けてしっかりデコレーション クリスマスツリーの前で写真を撮る人たち。 …

続きを読むread more

年末年始の歩行者天国パレード(モスクワ)

忘れる前に年末年始の目貫通り(トゥベルスカヤ)の歩行者天国をご紹介します。 もうお正月気分が明けて通常モード。 その前に忘れておりましたモスクワの年末年始の歩行者天国事情。 年末年始1週間ほど目貫通り(トゥベルスカヤ)が交通規制にはいります。 この時期にモスクワを訪れる方で、目貫通り(トゥベルスカヤ)付近のホテルに泊…

続きを読むread more