ジョージアが観光大国になるまで(6月から観光客受け入れ開始予定)


ここ10年観光が主な財源のひとつになっているジョージア。

コロナの影響で経済は大打撃。


わたしの知り合いがはじめてジョージアを訪れたのは2009年。

ジョージアは長閑で観光客もいなくて旅行好きには穴場とその当時聞いていました。

それから自分がジョージアで実際働いて、本当に観光客いなくて神秘的な国だと思っていたころ、
空前の観光ブーム到来!

2017年当時の首相はソフトパワーでジョージアの観光を促進。
ランダムに選ばれたyoutuberをサプライズでご招待。
会談で使われる有名な政府専用のゲストルームに招待するという斬新な企画をして、
観光客を世界から引き付けるなど、
本当に小さい国だからこそ、柔軟に政府が働いていて、しかも各大臣も首相も優秀で若いばかり。
日本には絶対まねできません。 



ユーチューバJesper Black がジョージア政府から招待される動画はこちらから。

空港からレストランまで警察が道路を封鎖。
(当時2年間は入国者全員にサペラビワインのミニボトルがプレゼントされました。私もその当時何回ワインをもらったことか。。)
首相と握手、スプラ、宴会、ダンス、シェフが作る最高のおもてなし料理。
もう盛りだくさんの内容です。

Jesper Blackさんの今回のイベントに対する記事。
ジョージアはトルコとロシアのサンドイッチだ!と語っています。(同感!)
This Guy Was an Obscure Nation’s 6 Millionth Tourist, and He Got One Incredible Surprise
Yes, this stunt from Georgia is realSandwiched between Turkey and Russia, the Republic of Georgia recently greeted its 6 millionth tourist (per the nation’s best estimate, at least) with a surprise VIP experience that included dinner with the prime minister.
https://www.finchannel.com/world/georgia/77102-jesper-black-the-six-millionth-tourist-of-georgia-is-leaving-the-country


2015年頃から欧州からの観光客がどんどん増えて、
今では日本にまで知れるくらい有名になりました。
これは、松屋のシュクメルリ等など、活動的に宣伝しているティムラズ・レジャバ駐ジョージア臨時大使のおかげのような気がします。


お父さんは有名な生物工学者でかつて日本で教鞭をとっており、
彼は純粋なジョージア人ですが、育ちは日本です。
慶応大学を卒業しています。

何回がジョージアでお会いしましたが、こてこての関西弁が印象的!

彼のツイッターもおすすめ!
https://twitter.com/teimurazlezhava





ジョージアは6月1日から観光客受け入れの準備ができたとの記事。 
https://bm.ge/en/article/georgia-will-be-ready-to-receive-foreign-tourists-from-july-1--the-pm-/55843

実際モスクワから遊びに行ったとしても、ロシアに帰ってこれるかわからないので、
当分行けなさそうですが、コロナで世界が落ちつたら、真っ先にジョージアに向かいます。
早くワインが飲みたい!硫黄たっぷり温泉に入りたい!旧友に会いたい!


夜の夜景は格別です。
8B2076E9-18C1-4D14-98D7-9FF9A0BBAA4E.jpeg


ナリカラ要塞
71B0C010-C5DC-4181-BA13-F814B706BAFA.jpeg



あー美しい!
F6975F3F-5133-4C4C-9754-D832E764C6B1.jpeg






PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ