オペラ「スペードの女王」

朝学校行って、

終わって、

夕飯早く食べて、

ボリショイ劇場で

スペードの女王みた。
570333C7-DA95-4AD6-AF8B-B78754DE6EE1.jpeg
スペードの女王は2時間半ですが、

見所いっぱい。

プーシキン原作

チャイコフスキー作曲

でもね、内容がギャンブル依存症なの!!


また次回詳しく書きます。


帰りはバスで帰ってきた。


家着いたの11時半


でもね。

外は雪降って寒いのに心があったかくなって帰ってきたの。


席が安い席だったんですが、
なぜか、いい席よりも座り心地がよい。
横の間隔が狭いから、
ロシア人の人たちとぎゅうぎゅうになって、
みんなでほっこりできて楽しかった。

昔、学生チケットで立ち見とかしてたときを思い出した。

安い席が落ち着くな。
なんか教養ある人がいっぱいいるし、
マナーもすこぶるいい。
かざらない感じ。

後ろの老夫婦が、
素敵なオペラの曲を小さな声で歌っていて、
ほっこりしました。
年金割引できたのかな。
ふつう、オペラくちずさめないよ。


オペラは英語字幕読んでましたら、
楽しいこと、楽しいこと。
オペラの魅力にとりつかれた。

ロシア語の字幕もたまに見て、
ロシア語の勉強になりました。



なんて美しいの君は。
35CFD75F-ECB2-4AAD-9DDC-AC7AC8241BA9.jpeg






この記事へのコメント